たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  西東京市 西東京市

ひばりが丘特集第3弾!

放送日:3月16日(水) 17:30~17:40
パーソナリティ:藤江亮介(多摩六都科学館/髙村和明(まちにわ ひばりが丘)
ゲスト:白井真純さん(まちにわ師)

*******************

北多摩北部エリアのとれたてほくほくの情報を発信する番組「ほくほくタイムズ」。
ひばり特集3週目のゲストは、まちにわ師の白井真純さんです。


平成10年から建て替え事業がはじまったひばりが丘団地。
かつては首都圏初のマンモス団地として、憧れの住まいであった最新鋭の団地も、時とともに建物も老朽化し、建て替えとなりました。
建て替えは高度利用をすることで、余剰地を生み出し、そこに新しい分譲マンションが建つことに。
そんな、大規模な再開発が進むひばりが丘団地エリアで、住民同士をつなぐ役割を担うのが「まちにわ師」です。

この街に移り住んできた白井さん。学生のころからまちづくりやボランティアに興味があり、今回この「まちにわ師」に応募して、養成講座を受講し、晴れてまちにわ師になりました。
まちにわ師は、「ひばりが丘の街に和を」をコンセプトにひばりが丘団地エリアでコミュニティづくりを進める「一般社団法人まちにわ ひばりが丘」が手がけるボランティアチーム。地域の担い手として住民を募り、基本的なスキルを学びながら街にむけた企画などをチームで進めていきます。

白井さんは、そんなまちにわ師の中でも、イベントを企画運営する「つなぎ人」チームに所属。
まちにわ師として企画する初めてのイベントの告知でお越しいただきました。
「xChange」という衣服の想いと共に物々交換をする催し。来なくなってしまった洋服を、エピソード共に展示して、欲しい人に持って行ってもらうというものです。
もちろん、自分も欲しいものがあればもらって行ってもOK。飽食飽衣の時代。タンスの肥やしとなり、捨てられていく衣服も多い中で、新しい形のリユースの仕組みを提案します。

こちらのイベントは3月21日の10時半からひばりテラス118にて。
入場料などは一切かかりませんのでぜひ覗きにきてくださいと白井さん。当日は衣服の交換以外にもコンテンツが出るそうです。
白井さん自身は、ひばりが丘の街で子どもと参加できる映画祭を開催することが夢とのこと。ひばりが丘団地に行くと、街の中でいろいろな楽しみが増えていく姿が観れるかもしれません。ぜひ今後の白井さんはじめまちにわ師の活躍にご注目ください。

次週もひばりが丘特集です。お楽しみに!

文/髙村和明



  • 2016年03月17日 Posted byほくほくタイムズ at 19:40 │Comments(0)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    <?=$this->translate->_('削除')?>
    ひばりが丘特集第3弾!
      コメント(0)